立ち仕事に多い足のむくみ対策

病院や診療所で働く看護師たちは、明るく元気に働いているように見えます。しかしそのような人たちも、職場では実は苦労している事が多いのです。看護の仕事が大変な要因の一つとして、立ち仕事が多い事情が挙げられます。忙しい時などは、ゆっくりと椅子に座っていられる時間は少ないからです。常に医療施設内を動き回りつつ、必要に応じた看護業務を行わなければなりません。そのため、看護師の多くは足のむくみに悩まされています。

足のむくみは、長時間立った状態でいるために、下半身に水分が偏る現象です。この状態が続くと、血流が悪くなるため、健康にも悪影響です。そこで、看護師は足のむくみ対策をする必要があります。例えば、足の血流を回復させるためのマッサージなどはおすすめです。仕事の合間にこまめにマッサージを行うと、ある程度の足のむくみは解消できます。その他、足のむくみに効果的なツボを刺激するのも良いでしょう。また、仕事に適した靴を選ぶ事もポイントです。足を圧迫する靴を履いていると、さらに血流が阻害されてしまいますので、動きやすい靴を選んで、足の血流を妨げないように心掛けるべきです。

そしてなにより、定期的に休憩を取れるようにすることも忘れてはいけません。休憩をとらずに働き続けていると、むくみだけでなく体への負担が大きくなります。椅子に座って休む時間を確保して、気分転換を図ったり、ストレッチやツボ押しなどで体をほぐしたりすることは、健康的に働くためには欠かないのです。