看護師の多くが辛いと感じる夜勤について

現役の看護師として活躍している方は、仕事に対して様々な苦労を感じていると思います。「看護師の仕事は好きだけど、苦労が多い仕事だなぁ」と実感している方は多いでしょう。看護師という仕事に憧れて、この世界に入ったという方も、「想像していたよりも、苦労が多い仕事だ」と感じているはずです。

そこで今回は、看護師が大変だと思うことの1つである、夜勤勤務への苦労について紹介したいと思います。看護師として、病棟でフルタイムの仕事をしている方は、夜勤勤務をする機会が多くなります。「若いうちに多くの経験を積みたい」「出来るだけ多くの収入を得たい」と考えている方の中には、積極的に夜勤をしている方もいるでしょう。夜勤というと、「患者は寝ているのから、それほど大変ではないのでは?」と思われがちですが、実はかなり過酷な勤務なのです。夜勤の時間帯は、昼間に比べると対応出来る看護師の数が少なくななるので、看護師1人が担う仕事量が多くなるのです。病棟によっては、重篤患者を担当することもありますから、責任も大きくなります。限られた時間で、全ての仕事をこなしていくことが必要になりますから、「夜勤が終わるとぐったりとして動きたくない」という方もいるくらいです。特に、看護師不足の病院では、夜勤回数が多かったり、夜勤看護師数が少ないことで負担が大きくなり、「夜勤が辛い」と感じている看護師は少なくありません。また、家庭のある方は、家族との生活時間が異なってしまうのも辛さを感じるポイントになるようです。

このように、看護師にとって夜勤はかなりの負担になっています。どのような仕事にも苦労はつきものですが、ただでさえハードワークの看護師にとって、夜勤の辛さはそれに追い打ちをかけているのかもしれません。